准看護師の立場は中途半端?

准看護師の立場

准看護師というのは戦後看護師が不足している頃にできた資格です。
国家資格でなく、比較的容易に取れるようにし、当時の看護師不足を解消する目的がありました。
その後から現在まで看護師不足は続いていますので、現在でも准看護師の医療現場での需要は続いているのです。

 

しかし国の方針としてはゆくゆくは准看護師を廃止し、「看護師」として統一させたいという流れになっています。
これは「現在の准看護師が要らない」ということでは決してなく、看護師の質を向上させ、看護師同士での無駄な格差を無くそうという意図があるのでしょう。
実際に准看護師だけを養成するための学校は少なくなっています。

 

けれど実際の現場では、正看護師であろうと准看護師であろうと必要とされている状態です。
日本医師会が准看護師の廃止に反対しているのは、現場の状況を常に見ているからこその意見でしょう。

 

現在の医療現場での准看護師の立場は非常にあいまいかもしれません。
法律上では医師や正看護師の指示の元働くことになっていますが、激務の中では准看護師であっても自分の判断で動くことも多いでしょう。
もちろん患者さんから見れば同じ看護師でなんの違いもありません。
意識しているのは本人や同僚程度でしょう。
しかも大きな病院になれば同じ看護師同士であっても「あの人は準、あの人が正」などと分かっている人も少ないかもしれません。

 

看護師に必要なのは肩書きでなく、知識と経験でしょう。
豊富な知識と十分な経験があれば、准看護師も立派な看護師なのです。

 

准看護師のステップアップについて

ただし、仕事内容は変わらないけれど、准看護師では待遇面で劣る部分が出てきてしまいます。
将来ずっと看護師として働きたいと考えるのであれば、正看護師を目指すという道も考えられるでしょう。
また、大きな病院や大学病院では准看護師を採らないところも多いです。
看護師としてより多くの経験を積みたいと考えるならば、正看護師になることは大切なステップかもしれません。

 

転職・就職時の准看護師のメリット

働く私たちからすれば少し不満ではありますが、小さな病院やクリニックなどでは、准看護師を雇った方が人件費を抑えることができるというメリットがあります。
また介護の現場などでもあまり人件費を出せないので准看護師で、というところもあるのです。
准看護師であるメリットと考えることもできますね。
もちろん看護師としての仕事のやりがいという面では、正看護師も准看護師も違いはありません。
転職や就職において、准看護師であることは大したデメリットではないのです。