准看護師の長期ブランクからの復帰について

長期ブランクからの復職について

結婚や出産、育児など家庭の都合、又はハードな仕事から体調を崩してしまったなど体力・精神力の理由で准看護師の仕事から離れてしまった人も多いでしょう。
状況が変わり、もう一度准看護師として働きたい!となった時に、やはり長期のブランクは不安の種となることでしょう。

 

まず、最初に理解しておきたいところが、他の業種に比べると、ブランクから復職する看護師さんは非常に多いということです。
あなたが以前勤めていた職場にも、ブランクから復帰した看護師さんがいたのではないでしょうか?
特に出産や育児を終えて職場に復帰する女性は、他の業種とは比べようもないほど多いのです。
その背景には慢性的な看護師不足という面もありますし、看護師・准看護師の資格の需要の高さということが挙げられます。

 

普通の企業で出産・育児を終えた女性が職場復帰するのは、残念ながら今の日本ではまだ少ないのが現状です。
働く女性にとって最大の悩みである、出産・育児後の仕事という面では、看護師は恵まれている職業なのかもしれませんね。

 

ブランク後の求人

当然、看護師の求人では「ブランク不問」というところが多いです。
数ヶ月はもちろん数年という長期ブランクでも大丈夫です、という求人が多いのです。
これも他の業種では見られない状況です。

 

ブランク後の求職活動について

長期ブランクの後の職探しには、是非専門のアドバイスを受けることをおすすめします。
やはり医療の世界は日々進化していますので、以前とは状況が変わっていることが多々あります。
あなたのキャリアに合った、そして現在のスキルに合った仕事を探すのには、現在の医療業界に詳しい人のアドバイスが役立ちます。
看護師専門の求人サイトが現在は沢山あります。
そしてその多くが専門のアドバイザーを利用できるようになっています。
仕事選びからキャリアの相談、応募先との交渉まで相談することができるのです。
一人で就職活動するよりはずっと心強いですよね。
しかも無料で利用できるのですから、使わないと損をするかもしれません。

 

心の問題でブランクがあった人へ

看護師の世界では、激務と人間関係に疲れてしまい休職してしまう人も少なくありません。
しかしあこがれや夢を抱いて頑張って取得した資格です。
あなたの看護を待っている人が大勢いるのです。
再び看護師として働く道を考えてみても良いのではないでしょうか。

 

この際注意したいのが、いきなり以前と同じような激務に戻って大丈夫なのか、しっかりと自分で判断することです。
働いては辞め、休んでは働き、再び辞めて休む・・・。
この繰り返しになってしまわないように注意しましょう。

 

いきなりの復帰に不安な人は、パートやアルバイトのように短時間からの復帰もおすすめです。
また以前とは全く違った環境で働いてみるのも良いでしょう。
病院で働いてしんどかったのならば、介護の現場もあります。
看護師としての働き方は沢山あるということを心に留めておいて下さい。