准看護師のお仕事って?

看護師の仕事は、いつも命と向き合う責任の重い仕事です。
加えて労働環境もハードですから、心身共に負担が大きい環境にいることになります。
ですが、そんな中でも看護師が働けるのは、疲労やプレッシャーを超えて「やりがい」という心の支えがあるからです。
・患者さんに感謝される
・病気が完治して退院していく患者さんを見送ることが幸せ
・人とのコミュニケーションが好き
など、やりがいは人それぞれの心の中にあるものです。

 

ここでは、准看護師のお仕事について紹介していきたいと思います。

 

准看護師と正看護師の違いって何?

 

准看護師のお仕事の話をする前に、正看護師との違いについて説明します。
まず、資格を取得するまでの年数に違いがあります。
准看護師は2年間、正看護師は3年間、指定された学校に通うことになります。
次には異なるのは、試験の難易度です。
准看護師は都道府県主催の検定試験なのに対して、正看護師は国家試験となっていますので、難易度はおのずと国家試験が上を行きます。
そして、これは最も重要ですが、仕事内容にも違いがあります。
准看護師はキャリアアップを目指すことはできません。
つまり、主任などのポジションには上がれないということです。
また、病院によりけりですが、准看護師だとOP室に入れないこともあります。
とは言え、業務内容にはそれほど違いはないのが現状のようです。
最後に、准看護師と正看護師の間に最も差が開く要素・・・。
それは、給料の差です。
年齢を重ねる毎に年収の差はどんどん開いていくので、これからもずっと看護師として働きたくて、スキルアップしたいのなら、正看護師を目指してみるのも将来の安定にはお勧めです。

 

准看護師のお仕事内容

 

准看護師のお仕事は、医師や正看護師の指示で動く補佐的な業務を主に行います。
補佐的な業務というのは、以下のような内容です。
・患者さんの健康状態を確認
・服薬指導や管理
・治療サポート
・患者さん本人やその家族の精神面をサポート
上記の業務は、正看護師も行うものですから、仕事内容にはそれほど違いがありません。

 

多様化する准看護師の職場

 

准看護師は、廃止の声が上がったこともありましたが、現在は国が廃止することは難しいとの見解を示しています。
ですから、准看護師が今すぐ廃止になって職を失うなんてことはまずありませんし、そもそももし廃止になったとしても看護師業務ができなくなるということはないでしょう。

 

准看護師は正看護師よりも給与待遇が良くはありませんから、転職(就職)の際は給与面を厳しくチェックしてください。
准看護師ならこんなもんか・・・なんて諦めずに、あなたの希望により近い待遇を用意してくれている職場を選びましょう。

 

ちなみに、職場は何も病院に限ったものではありません。
高齢者施設やデイサービスなど高齢者の方々のお世話ができる職場もあります。
リサーチしてみると、あなたも知らなかった可能性を見つけることができるかもしれませんね。