准看護師はどんな仕事ができる?

准看護師の活躍できる職場

看護学校を出てすぐに働き出した方は、あまり自分の仕事以外について分からないという人も多いでしょう。
「看護師だから病院だよね」と考えがちですが、准看護師の働く場所は現在非常に多岐に渡っているのです。
具体的にどういった仕事があるのかを見てみましょう。

 

病院勤務

大学病院や総合病院など、大きな病院ではやはり看護師の需要が高いです。
しかし准看護師であっても大きな病院で働くことはできます。
大きな病院で働くメリットとしては、やはりスキルアップが望めるということではないでしょうか。
ひとつの科にとどまらず、様々な科を受け持つこともあります。
看護師としての技術や経験を積むには最善の職場といえるでしょう。
また、大きな病院では看護師の教育体制もしっかりしている傾向があります。
きちんとした研修があったり、新人には指導役が必ずつくなど、経験の浅い人でも働きやすい環境が整っていることが多いのです。

 

個人医院やクリニック

准看護師の需要が最も高いのが個人で開業している医院やクリニックかもしれません。
准看護師を求める理由はそれぞれあるかと思いますが、やはり看護師に比べると人件費を抑えられるという面はあるでしょう。
個人医院やクリニックでは、個々で待遇面の差が大きいことが考えられます。
大病院なみの待遇が用意されているところもあれば、人が少ないだけに過酷な労働環境のところもあります。
就職や転職を考えるのであれば、事前によく確認しておくことが大切ですね。

 

福祉関係

高齢化社会になるにつれて、どんどんと看護師の需要が増えているのが福祉関係の施設です。
老人ホームやデイケアセンター、介護施設などの看護師の需要は大きいのです。
将来性を考えても、この先需要が少なくなることは考えられない職場ですね。
准看護師であればそのままヘルパーとして働くこともできます。
病院などと比べても、自宅の近くに多くの施設があるという利点もありますね。

 

一般企業

一般の企業であっても看護師を募集している場合があります。
企業内の病院であったり、医療施設を持っているところでは、看護師の募集をしています。
ただし、准看護師ではなく正看護師でないとダメなところも多いようです。
民間企業が運営している検査機関などで看護師を募集しているところもありますね。

 

このように働く先は病院だけと考えることはないのです。
現在看護師の求人は数多く出ています。
一度自分の働きやすい職場というものを考えてみても良いのではないでしょうか。